学研グループ進学塾サイン・ワン

進学塾サイン・ワン電話番号

ロボットプログラミング講座 もののしくみ研究室

ロボットプログラミング
2月6日(火)17:00~18:00 報道番組「マチコミ」(テレビ埼玉)で紹介されました。
ロボットプログラミング体験会

様々な教育改革が次々と出される現在、お子様の取り巻く環境は変化しています。そして、求められる能力も変化し、「自分で考えて行動できる」能力が大きく求められています。「ロボットプログラミング講座」はそういったお子様の能力を育てる講座です。是非、一度ご体験下さい!!

●プログラミングで培った力は、
そのまま「学力」の礎となります。
サイン・ワンでは、進学塾としても「ロボットプログラミング」を次のように進めていきます。受験で大きな力を発揮する「思考力」を培う場としてプログラミングで身につく「考える力」は、これからの受験において核心となる学力に直面します。
2020年度に予定される大学入試改革においては、「思考力」「判断力」「表現力」を重視する入試問題となる見込みです。それに合わせ、中学・高校・大学の入試がすでに変わりつつあります。
●自分の道を切り開くための「自信」を得る場
ロボットプログラミングの特徴は、「達成」にあります。いくらでも失敗ができ、そして最後には必ず意図した動きが実現できます。このような「達成」の喜びを繰り返す中で、子どもたちの中に「自信」が育まれ、それこそが未来を切り開く原動力となるのです。
●自分の将来を模索するための「材料を得る場」
次々と新しいものを生み出せる「ロボットプログラミング」は子どもたちの想像力を刺激し、ここで得た経験が、将来の自分の職業を思い描く材料となるのです。

グローバル社会において、プログラミング能力は
すべての人が身につけなければならない一般教養といわれています。

●グローバル時代に必要なプログラミングの力
インターネットの発達で急速にグローバル化が進んだ現代…。世界との関わりなしには生きていくことができません。このグローバル化に対応するために、語学とプログラミングの重要性を挙げる識者がたくさんいます。
グローバル時代に必要なプログラミングの力
●プログラミング教育はすべての人に必要な教育
子ども向けのプログラミング言語Scratchを開発したマサチューセッツ工科大学のレズニック教授は、プログラムを学習することで右に示すようなスキルを身に付けられると語っています。

プログラミング教育は決してプログラマーを育成するための教育ではありません。子どもたちにとっては「現代の読み書きそろばん」とも言える必要不可欠なものなのです。
●プログラミング教育はすべての人に必要な教育

プログラミング学習を通して学べること

  • 1 新しいアイデアを試す方法
  • 2 複雑な問題をひもとく方法
  • 3 粘り強く前に進む方法
  • 4 物事を深く理解する方法
  • 5 他の人と協力して物事を進める方法
資料請求はこちら
サイン・ワンの無料体験までの流れ