学研グループ進学塾サイン・ワン

進学塾サイン・ワン電話番号

子どもたちの学びを最優先に考えた「双方向のオンライン授業」という選択

保護者の皆さまへ
保護者の皆さまには急なご連絡となり、教材の受け取りや端末・ネットワークの環境整備等、本当にたくさんのご協力をいただきありがとうございました。画面越しではありますが、子どもたちの元気そうな姿や笑顔を見ることができ、職員一同嬉しく思っております。

ストレスなく学習を続けられるための最善策を

 まず私たちが考えたのは、子どもたちの健康確保、そしてこれまで身につけてきた学習習慣をいかに継続させるかということでした。さらに、こういった状況下において、子どもたちがストレスなく学び続けるために私たちができる最善の対策は何かと考えました。
 通常時の小中学生の教育においては、大学で多く見られるような一方向性の講義形式とは違い、教室での対話型の集団授業形式が主流です。今回の新型コロナウイルス感染症対策により、従来のインターネットを介しない(通塾型の)授業を続けることが難しくなりました。他の学習塾は一方通行(講義型)の録画した映像授業の配信といった方法で代替授業を行うなか、私たちはあくまでも子どもたちの健康確保を第一に、そして通常時にできるだけ近い状態の対話型授業にこだわりました。双方向型の「オンライン授業」こそが、子どもたちにこれまでと変わらない学びを届けられる最善の方法だと判断したのです。

「映像授業」と「双方向オンライン授業」の大きな違い

 モニターに向かって授業を受けるという点では同じですが、「映像授業」と「オンライン授業」では大きく異なる点が多くあります。

進学塾サイン・ワンの双方向オンライン授業
・子どもたちの反応を確認しながら授業を進められるので、理解不足や困った表情も見逃さずしっかり指導できます。
 
・授業に参加している生徒同士の様子もお互いに見ることができ、まるで教室にいるかのような臨場感があります。
 
・原則、通っていた教室の先生の授業を受けられるため、不安なくこれまで通りの学習を続けられます。

  このように、同じようなオンライン配信といっても「映像授業」と「双方向オンライン授業」が全く違っているのは、なによりも双方向型でリアルタイムな対話ができるという点です。授業に参加している生徒たち一人ひとりの様子を見ながら、理解度の確認だけではなく、教室で対面しているのと同様にやる気の喚起や励ましなど、モチベーション面のフォローまでできるのは、双方向性型の「オンライン授業」ならではの強みと言えるでしょう。

保護者様と受講生から嬉しいお声を頂戴しました

ご入塾を検討されている方へ

オンライン授業受講についてよくある質問

Qオンライン授業を受講するために、何か特別な設備や機材は必要ですか?
A

パソコン、タブレット、スマートフォンなどインターネットに接続できる端末と環境があれば、特別な設備は必要ありません。ご自宅に環境が無い場合はお気軽にお問い合わせください。

Q接続や設定など難しくはないですか?
A

設定や接続は簡単です。詳しくは各教室にお問い合わせください。

Qどうすれば受講できますか?
A

新たに受講を希望される方は、フリーダイヤルまたはお近くの教室にお申し込みください。

資料請求はこちら
サイン・ワンの無料体験までの流れ