学研グループ進学塾サイン・ワン

進学塾サイン・ワン電話番号

中学3年生 第一志望校突破コース

中学3年生 第一志望校突破コース
第1志望校突破コースのポイント
ポイント1
第1志望校の入試を突破するための基礎学力を修得します。
特に公立高校入試に向けては、年間を通じて5科目指導を実施して、ある科目に偏ることなく、得意科目を2つ、3つと増やしてゆきます。また英語はリスニングや英作文の力を、数学は関数や図形問題に対応できる力をそれぞれ徹底的に身に付ける指導を反復します。
ポイント2
受験に勝利するには、中3の夏休みと冬休みの活用が非常に重要です。
進学塾サイン・ワンでは、夏期や冬期の休みには圧倒的な時間数を誇る講習会を実施して、受験生の不安を消し去るような充実した指導を行っています。中学3年間に学ぶ知識や技能は、5科目トータルでは膨大な量に上ります。これを入試に良く出る単元や問題形式に整理して、効率よく習得し、そして反復させることで、着実に身につけることができる最大のチャンスが講習会です。
ポイント3
埼玉県の公立入試で重視される調査書(内申書)対策として、1・2学期の定期テスト対策には十分な時間を費やします。
入試の難度が高い高校になるにつれて、中3の通知表評定が重視される傾向にあります。従って入試対策と同時に内申対策にも配慮することが第1志望校合格の重要なポイントとなります。
ポイント4
埼玉県では業者テスト(北辰テスト)が入試に及ぼす影響が圧倒的に強いといった特徴があります。
ここまで業者テストが重視される都道府県は他にはありません。特に私立高校の選抜では北辰で基準点を超えていないと合格は非常に難しいものとなります。そのために2学期からは毎週土曜日に、この北辰対策としての「土曜V講座」を実施して、偏差値5アップを目指した指導が行われます。
ポイント5
進学塾サイン・ワンは埼玉県で40年以上の指導実績があります。
そのため、入試に関する情報はどの塾よりも厚みがあると自負しています。たとえば偏差値だけでなく、合格最低点数や、合格者の内申点なども掌握しており、まさに第1志望高校に合格するための羅針盤は十分に信頼に足るものを持ち合わせており、誰もが安心して受験に望むことができるようになっています。

学年・教科別指導方針(中学生)

中3
年間指導方針 ●知識の蓄積と読解力・表現力を身につける。
●実力と内申点をあげる。
●中3の内容を早期に修了し、入試問題演習を中心に実践的な合格力を鍛えていく。
国語 ●入試に向けて読解力と表現力を高める。
●古典の演習の機会を増やし、総合的な国語力の完成をめざす。
数学 ●無理数や平方根の処理を速く正確にできるようにする。
●入試必出の図形分野をマスターし、融合問題にもしっかり対応する。
社会 ●2学期までには、主に定期考査対策を中心に公民分野の知識の定着を図る。
●並行して地理歴史の発展的内容による総復習を行い、定期考査対策と受験勉強の学習をバランスよく実施する。
理科 ●中1・2の復習とともに中3内容をバランスよく学習する。
●2学期までにすべての単元を学習し終える。
●3学期は入試レベルの問題で実践力をつける。
英語 ●論理的に表現したり、高度な情報を理解したり処理したりすることができる。
●聞き取りや読解、課題英作の演習を豊富に行う。
資料請求はこちら
サイン・ワンの無料体験までの流れ