学研グループ進学塾サイン・ワン

進学塾サイン・ワン電話番号

サイン・ワンの指導ポリシーを知ってください

塾ですから、生徒が満足する授業をすることは当然です。

私たちは、より良い授業のために日々研鑽を積み、教材研究を重ねています。

それと同時に学研塾グループの一員として、全講師が年に2回の教科テストと
生徒アンケートにより、常にスキルアップを求められています。
合格レベルに達しなければ教壇には立てない、厳しい基準もあります。

ですが、成績を上げるためには、これら教える側のレベル向上と同時に、
生徒のモチベーションを高めることも、実は大事な要素と考えます。

馬を水辺に連れて行くことはできても、水を飲ませることはできない。

(You can take a horse to the water, but you can't make him drink.)

というイギリスのことわざそのものです。

私たちは生徒に、意味もなく学習を強いるのではなく、生徒の抱える悩み、問題、
学習の障壁を解決し、更には目的を理解させ、目標を持たせることで、
主体的に勉強する、生徒の意欲を高めることがとても大事だと認識しています。

その具体的な施策のひとつとして、サイン・ワンでは、毎週土曜日や授業のない日に
「生徒カウンセリング」を、年間を通じて継続して実施しています。

頑張っているのに思うように成果が出ない、
勉強しなければならないのは分かるがヤル気が出ない
何で勉強しなきゃいけないのか分からない、
また、浦和高校や大宮高校に受かるには、どのレベルまでやったらいいんだろう
中3で英検2級合格したいから、勉強法を教えてほしい、などなど。
教室長と生徒が個別面談でじっくりと話し合いをして、
生徒の話しを傾聴し、承認し、その上で助言を与えるといった
個々の生徒に寄り添ったカウンセリングが私たちの指導の肝なのです。

またサイン・ワンの教室長は、「日本青少年育成協会」のコーチング研修を全員が終了しており、
エビデンスが明確な科学的な手法に基づくカウンセリングができています。

それにより、生徒の学習意欲の向上はもちろん、自己肯定感や自己有用感を高め
どのレベルの生徒も、自信と希望を持って学習に取り組むことができるようになってほしいと強く願い、
牛の歩みではありますが、着実にその成果を上げていると自負しています。

塾ですから良い授業、分かりやすい授業を提供するのは当然ですが

教えるのは先生、やるのは生徒、と言った対立構造的な概念ではなく
先生と生徒が二人三脚で、目標を持ち、成績上げ、夢をかなえる

そんな考え方こそ大事だ、という視点で私たちは塾運営をしています。

今は成績が悪くても

今はヤル気が出なくても

今は明確な目標がなくても

サイン・ワンで私たちと一緒に学習を重ねるうちに、
どんどん自分が変わってゆく、それを感じてもらえるでしょう。

 

次代を創る子供たちが、元気に、前向きに、自信を持って生きてほしい。

それが私たちの心からの願いなのです。

資料請求はこちら
サイン・ワンの無料体験までの流れ